ワーストケースを想定したシナリオで、現役記者を起用した模擬謝罪会見

模擬謝罪会見

クライアント名 某外資系IT企業
業種 IT・テクノロジー
この事例の費用と内訳
費用イメージ
¥2,000,000〜[一式]
目的
リスク対策
見積もり内訳
・シナリオ作成
・記者キャスティング
・講義資料作成
・講義
・模擬会見

与件

日本法人の社長が交代したタイミングで、本国の規定もあり、新社長に対する各種メディアトレーニングの実施を検討。座学でのリスクを含む全般的な講義に加え実際に最も起きうる可能性が高く、起きるとダメージの大きいリスクを想定した模擬会見をご要望。

活動内容

・座学による講義と模擬記者会見を実施。
・模擬記者会見では、実際に起こる確率は低いものの、起きた際のインパクトの大きいワーストケースを想定してシナリオを作成。
・当該業界経験のある現役記者をアサインし、厳しい追及を行う模擬会見を実施。

成果

社長から「学びが有った」旨の感想も頂くとともに、広報メンバーとしては一定の安心感を得て頂けている。また本国の規定もクリアしたことに加え、日本独自のリスクの想定も行えたことで、今後の備えを物心両面で行えている。

この事例の費用と内訳
費用イメージ
¥2,000,000〜[一式]
目的
リスク対策
見積もり内訳
・シナリオ作成
・記者キャスティング
・講義資料作成
・講義
・模擬会見
シェアする