【メディア露出と購買層を拡大】eSportコラボ×PRイベント 無線LAN「ティーピーリンク」のPR戦略

eSportとコラボした統合型マーケティング

クライアント名 ティーピーリンクジャパン株式会社
業種 IT・テクノロジー
この事例の費用と内訳
費用イメージ
¥18,000,000〜[一式]
目的
統合マーケティング、 商品/サービスを話題にしたい、 イベントを話題にしたい
見積もり内訳
・年間リテナーPR ¥10,000,000
・PRイベント ¥4,000,000
・eSportスポンサード契約 ¥4,000,000

与件

無線LAN製品の開発、製造、販売で世界No.1のシェアを誇るTP-Linkの日本支社である「ティーピーリンクジャパン」の日本進出3年目という節目のタイミングで、さらなる認知度の向上と露出媒体の幅を広げることを目的に製品発表会を検討。
無線LAN市場は、既存の日本製メーカーの影響力が強いため、どうしても海外メーカーに対する信頼度や注目度が低くなるという課題があった。露出に関しても製品の特性上、IT・ガジェット系メディアの露出に限られてしまい、新たな露出先を模索していた。ブランドの信頼度や注目度を高めつつ、既存露出メディア以外での露出獲得のため、基点となるコンテンツをつくる必要があった。

活動内容

・ゲームユーザー向けの新製品(Wi-Fiルーター)の販売に先駆け、話題化している「eスポーツ」の勢いを活用。

・国内トップレベルのプロeスポーツチーム「DetonatioN Gaming」とのスポンサー契約を提案し、契約を締結。

・新製品発表のタイミングで、「DetonatioN Gaming」の選手をゲストに招きメディア向けの発表会を実施。

・新製品のプレスリリースと合わせて「DetonatioN Gaming」とのSNSキャンペーン企画等も同時に進行することで、PRとプロモーションの相乗効果を狙った活動を行った。

成果

・プロeスポーツチーム「DetonatioN Gaming」とのコラボレーションにより、既存のIT系メディアに加えてゲーム系メディアや商品情報誌等とのリレーションを構築。

・メディア掲載数は「250件」を超え、広告換算額もイベント単体で「約2億円」を獲得。
→露出に強いタレントを起用した単体イベントと同等以上の結果

・本取組を機に、メディアからの注目度が高まり、イベント後も継続して露出を獲得できるよメディアリレーションを獲得。

・メディア露出ジャンルの拡大により、新たな購買層の開拓に成功。

この事例の費用と内訳
費用イメージ
¥18,000,000〜[一式]
目的
統合マーケティング、 商品/サービスを話題にしたい、 イベントを話題にしたい
見積もり内訳
・年間リテナーPR ¥10,000,000
・PRイベント ¥4,000,000
・eSportスポンサード契約 ¥4,000,000
シェアする