過去最大のメディア露出を獲得したカワサキハロウィンのPR戦略

過去最大のメディア露出を獲得したカワサキハロウィンのPR戦略

クライアント名 川崎市
業種 官公庁・地方自治体・公共
この事例の費用と内訳
費用イメージ
¥9,600,000〜[年間]
目的
観光PR(アウトバウンド/インバウンド)
見積もり内訳
リテナーPR活動 80万@月

与件

これまで20年に渡り毎年開催されており、マンネリ化をどう解消するか、ハロウィン自体のメディアバリューが落ちてきている中でどうPRしていくか、などを課題としていた。
川崎市の魅力をもっとエリア外に広げたい、川崎市のブランディングを意識したコミュニケーションの必要がありました。

活動内容

グルメ、インバウンド、ダイバーシティ、出演著名人、主催者人物ストーリーなど切り口ごとにメディアプロモート資料を作成、切り口ごとに攻略メディアも細かく設計し、幅広い媒体での露出を獲得。途中、渋谷ハロウィンが問題になって取り上げられていることも逆に活用し、マナーの良いハロウィンの代表格として対立構造でのアプローチを展開。

成果

川崎市、カワサキハロウィンとしてあらゆる切り口を使って、様々なメディアで過去最大の露出獲得し、さらにカワサキ好感度調査でも前年を上回る結果が出た。PR活動を通して、イメージアップに貢献した。

この事例の費用と内訳
費用イメージ
¥9,600,000〜[年間]
目的
観光PR(アウトバウンド/インバウンド)
見積もり内訳
リテナーPR活動 80万@月
シェアする